グロイスフィッシングクラブ第6回企画展 「はたらくGFC」

グロイスフィッシングクラブによる展覧会を開催いたします。

期間:725日~87

入場料:無料

作家:グロイスフィッシングクラブ(硬軟/じょいとも/西山雪包/花牟禮有基)

企画:こんがりトースト

グロイスフィッシングクラブ(略してGFC)は、メンバーそれぞれが現代美術家として活動しながらも、GFCの企画のときには一緒に活動をするアート・コレクティブ(コレクティブは共同体という意味)です。

GFCの企画とは、自らが定期的に開催する展覧会のキュレーション(企画)案を公募で募集し、その中から1つを選び実際に実行するというものです。

今回はその第6回。

選ばれたキュレーション案は、こんがりトーストの「はたらくGFC」です。

どんな展覧会なのか。

下に展覧会のコンセプト文を載せています。

固っ苦しい内容ですがよろしければご覧ください。

働きながら作家活動をしている若手アーティストはかなり多い。

たぶんほとんど若手アーティストがそうなんじゃないかと思います。彼ら(というか僕ら)が抱える一番の問題は、仕事に時間を奪われて制作などの時間がとれないことで、生きてる間の100%の時間をアートに注げられる状態が理想なのですが、逆にそんな理想を抱いているせいで、仕事とアートを切り離して考えてしまうような気がします。

なのでまずは一体感。

この展覧会は、GFC(グロイスフィッシングクラブ)のメンバーが、ふだん日銭を稼ぐために働いている仕事をテーマにした新作を作り、発表する展覧会です。

GFCホームページ

https://groysthe2nd.wixsite.com/offer

はたらくGFCの特設サイト

https://groysthe2nd.wixsite.com/hatarakugfc

← Back